読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年のご挨拶とお知らせ

明けましておめでとうございます。
昨年は全くと言っていい程
と言うか文字通り全くブログ更新しませんでしたが…
今年はちょこちょこ更新したいです、たまーーーーーに覗いてみてください。

今週から冬のアックス祭が始まります。
そのお知らせをします。


「冬のアックス祭 My Another Jackets Ⅱ レコード編」

新年早々久々となるアックス展をビリケンギャラリーにて開催致します!前回の「大アックス祭2012 My Another Jackets」展でのCDジャケット画が好評だったため、今回はサイズを拡大し、総勢41名の作家がジャンルを問わず、好きなアルバムの“もうひとつのマイジャケット”を自由なイメージで描いたLPジャケットを展示致します。これは壮観でありましょう。皆様のご来場お待ちしております!!

会期/2015年1月9日(金)〜1月28日(水)月曜休
会場/ビリケンギャラリー
東京都港区南青山5-17-6-101
TEL 03-3400-2214
http://www.billiken-shokai.co.jp/

【参加作家】池田ハル、市場大介、英之助、蛭子能収衿沢世衣子、小口十四子、駕籠真太郎、かなまち京成、河井克夫川崎タカオ、菅野修、後藤友香、近藤ようこ、齋藤裕之介、逆柱いみり、磋藤にゅすけ、シバ(三橋乙揶)、島田虎之介鈴木翁二鈴木詩子、関根美有、世良田美波、高橋宏幸、田中六大、つげ忠男、筒井ヒロミ、東陽片岡根本敬花くまゆうさく花輪和一、ひろせべに、福沢光成子、藤枝奈己絵、星園すみれ子、堀道広、三本美春、本秀康森雅之ユズキカズ吉田光彦、わだちず、和田みずな


イラスト/逆柱いみりさん


私は前回のCDジャケットの際、スピッツの「夏の魔物」という曲で絵を描きましたが
今回も引き続きスピッツのアルバムをモチーフにして描きました。
こうしつこいとストーカー的な執拗さを感じますかね。怖いですか。
今回のは2ndアルバムの「名前をつけてやる」です。
特にイメージしたのは収録曲の「恋のうた」です。
抑えきれぬ僕の気持ち可笑しな夢ばかり見てさ〜、というあの曲です。
以前ブログにも書きましたけどついに透明水彩で絵を描きましたよ。ついに。
むずかしかったけど楽しかったのです。

写真の犬は岡山に遊びに行った時、
自分に買ったお土産の吉備津の高麗犬(こまいぬ)という物です。
犬が太鼓、俵を背負っているのは解るけどピンクのが解らず、
「これは何ですかいな?貝殻ですか?」と聞くと
お店のお爺様が「それは宝珠です」と教えてくれました。
宝珠とは意のままに願いを叶えることのできる宝のことらしいです。
お寺や橋の欄干なんかについてる
うに〜っとした物はこの宝珠を模した物らしいです。
ほへえ!


てなことで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

脳みそがずっとゼロ

でっかくなったので100円ライターで比較してみた

居酒屋でつまみくいながらソフトドリンク飲んで落書きをしていた。
諸事情により1年ほどずっと禁酒中。
妊娠ではないのだよ。

小中学生くらいの時に「いためし」って言葉を初めて聞いて
それからずっと「いためし」=チャーハンのことだと思ってた。
友達にそういう言葉を使いたがる子がいてその子はイタリア料理のことを
バブル時代になぞって「いためし」と言って会話の中で使ってた。
「こないだなーいためし食べにいってん」
いためし?ん?炒めし?あっ、チャーハンのことか〜
なんでチャーハンくいにいったことわざわざ自慢してくるんやろって不思議だった。
「せらたもいためし食べたことある?」
いやいやいや、なめないでくれよ。
チャーハンぐらいくったことあるわ、と思ったものです。
私は「うん、あるよ」と答え
そっからは何だか噛み合わないな〜と思いながら会話をしたことをよく覚えてる。
イタメシなんて言葉はその当時もだけど今にしてみりゃとうに死語らしいです。

梅雨はとっくに終わりましたが

友達に6月の課題として出されて描いた梅雨の絵。
でも今はなんたって真夏です。
こんな絵を載せたところで季節外れでしかなく。。。
もっとタイムリーな話題を心がけたいっ!
(更新さぼっているわけではなくいろいろ言い訳はあるんやけど
Мyパソコンが随分前にぶっ壊れて使えてないこととかは、
大して全くほとんど言い訳にもならないですね…)
服とかなんだか乱馬っぽくなりました。三つ編みだし。
やぱぱー(゜_゜)8

犬の可愛い呼び名を考えました。
「いぬっぽこ」なんてどうでしょう。
例文)あの犬かわいい
   →あのいぬっぽこ可愛い〜、となります。

You are goofyとは言っても
I am goofyとは言わないのでしょうか。
「わたしバカなの、ウフッ」てニュアンスで使えるのでしょうか。

I would do anything to win you.
このフレーズはNHKの英語の番組で出てきて気に入りました。

海ねこ




今発売中のアックス93号は猫特集。


便乗して近所の海にいてる猫。
「海猫」って、てっきり海にいる猫のことだと思っていた。
鳥の名前と知ったのはつい最近のこと。



相変わらずタイムラグのある話ですが、
先々週の「木曜JUNKおぎやはぎのめがねびいき」は笑い死にしかけた。
私生活で今のところ今年1番笑ったかも、しれないくらい。
序盤から中盤まではなんだかまったり割とダラダラとした内容で
油断していたらひどく緩急つけて最後爆発した感じでした。
これは先々週だったか忘れましたが、
ガクトの名言が語呂悪くて惜しい!というくだりも最高に笑った。
めがねびいきは毎週かかさず聞いています。
でもあまり公言しないほうが良いくらい下衆い番組なので
大きな声では言えないのであります。
ブログで公言するなど大きな声どころの比じゃないやんとも思いますが。。

そのご。

こないだいいとものテレフォンショッキングに藤子不二雄Ⓐさんが出ていました。
自虐ギャグが多めだったのが気になりつつ笑いつつも泣きそうになりましたが
お元気そうで良かった、です。
今年のはじめ頃に体調を崩されたことを耳にいれていたので、
余計なこと考えてしまってAさんのコラム読みながら
夜中に泣いたりしてましたから。
いやまったく、余計なことでした。
テレフォンショッキングではAさんの鉄板ネタ
手塚治虫にごちそうになった鰻の話)も披露されていて笑いました。
愛しりそめし頃に…の最終回が掲載された
ビックコミックオリジナル増刊号買ったんですがね、まだ読んでいません。
私、愛しりそめし頃に…は8巻で止まってしまってたので
まずは続きの単行本買わないと。
だけどね最終回早く読みたいけど読みたくない、そんな複雑な心境ですよ
満賀と才野の漫画道の続きをいつまでもいつまでも読みたい
ってのが本望なのです(^_^。)ほろ
欲張りですね。


この前の日記で載せると言っていたアボカドのその後の写真を載せますよ。
更新遅れていたのでその間にもさらに大きくなりました。


これは2カ月半くらい前の、
根っこが出始めた頃のとても可愛いアボカド。


それから1週間ほどですぐに根っこがこんなに伸びました。
芽が出るまでは水をいれたコップに種をつけとく水耕栽培で育てていました。


そして現在、鉢植えに変えてからひたすら成長しまくっています。
アボカドの葉は緑が濃くて綺麗。
葉脈を見るのが楽しすぎて自室のすぐ目の届く所に置いていたら
時を忘れて観察してしまってキリがない。
アボカドを見守ってくれているのはドラえもんコミックテイストフィギュア
のび太の恐竜」ののび太くんです。


アボカド栽培しているくせにですが
食べ物としてのアボカドはあまり好きではない。
一切れ二切れくらいならウムまあ美味い、となるけれど
それ以上に食べるとすぐに胃がもたれてあかんのです。
と言うより最近アボカドに関わらずすぐに胃もたれしてあかんのです。
1年くらい前までは「胃もたれ何それ?^▽^」て感じやったのに
このあいだ外ですごい脂っこい坦々麺食べたら
3日ぐらい胃もたれ治らなかったんやわ。
これがいわゆる老化ってやつなのですかね…。
「男性は7の倍数、女性は8の倍数の年齢の時に
体に変化があるって言われてますよね、本当にその通りですよ!すごい!」
って書こうと思ったんですけど
書こうと思った数秒後に今の自分
全然8の倍数の年齢じゃないことに気が付きました、かすりもしてないし…
なんてあほなんだ…。
自分の年齢って忘れがち。なのです。

アックス92号!


発売日からだいぶ日にち経っていますが
今発売中のアックス92号。
今号はいつもに増して面白い作品がずらっと並んでいる気がしました。
特に唸ったのはまどの一哉さんの「月にお願い」という短編。
感動して、感想みたいのを書こうと思って文章作ったんですが
なんか少し偉そうな気がしてきたので消しました。
簡略して言うとですね、
すごいものを見てしまったとしばらく震えた。そんな具合であります。
あと太田基之さんの「残余地さん」
甲山弓さんの短編三つとても面白かったです。
新人賞を受賞された作品もエネルギッシュにおもしろく。
他にも挙げ始めたらキリがないほど。
ベンチウォーマーズのほっかほっか通信という連載で
今回「アックスで活躍されている先生方が使っているペンを大公開」
というアンケート特集が組まれており
恐れ多いですがわたくしも答えております。


このブログで宣伝をしたとこで効果は0か1ぐらいと思いますが
毎号読んでる私がびっくりするぐらいおもしれ〜と思った今号なので
宣伝してみましたよ(^(工)^)


お正月あたりに葛飾のおばあちゃんから
「これで絵を描く道具でも買いなねえ〜」ともらったお年玉の1万円で
ずっと始めたかった透明水彩の絵の具やらそれ用の筆やらを買った、
のは約2か月前のこと。
絵の具をパレットにだして1日かけて乾燥させ
これでいつでも透明水彩できるぞと準備を整えたのは良いけれど
1回練習として触った以来部屋の隅に置かれたままになっている。
お〜いここにおるで〜と出番を待っているかしら。
透明水彩のことを思い出すたびおばあちゃんにもらった1万円で買ったことも
もちろん思い出すのですごく申し訳なくなるのだ。
今ある用事を片付けたら透明水彩する約束を自分と結びます。


瀬戸内の海はたまらなく良い。
ずっとこのままこのあたりで一生を終えたいとかなんとなく思う。
5月も過ぎれば、緑が青々と輝いていて綺麗です、うっとり〜。
アボカドも順調に育っています。また後日写真を載せます。

もはやすでに更新は1カ月に1度な頻度になってしまってる。
もうすこしマメに更新するようにしたいけど
わざわざ書くようなことも無いのであって困った。


前髪と爪のはなし。
前髪と爪ってな、ある一定の長さから恐るべきスピードで伸びるでしょ。
感覚的にはつい昨日までまだ切るには早いなと思ってたのが
一気に伸びて、毎回えええ〜〜!!ってびっくりしますね。
一種のトリックのよう。
曖昧な記憶と感覚による錯覚。


以下、なんてことない写真群


くコ:彡
イカかわい〜。



煉瓦造りかっこいい



謎の石とその影
マリオのヒップドロップで低くできそう。A+Z



多ければ多いほどごちゃついているほどにそそられる配線